地盤調査の主目的は、その土地の地盤が
構造物を安全に支持できるかどうかや、
そのための方法を技術的に調べることです。
構造物の築造や宅地の造成などの工事を行う場合、
地盤の性質を調査・確認する必要があります。

スウェーデン式サウンディング試験法

スウェーデン式サウンディング試験は、日本建築学会編『小規模宅地基礎設計の手引き』で推奨され、戸建住宅向けに普及している簡易地盤調査の手法です。
軟弱地盤を紐かく把握でき、安価で信頼性のある戸建住宅の調査として広く普及しています。

鋼管杭工事

試験方法

Step.1
ロッドの先端に円錐形をねじったようなスクリューポイントを取り付け、それを地面に垂直に突き立てます。
Step.2
ロッドには自由に上下させたり途中で固定もできる受け皿を通し、さらに上端には水平に取っ手(ハンドル)を取り付けておきます。
Step.3
クランプに円筒形のおもり(10kgのおもり2枚と25kgのおもり3枚)を1枚ずつ静かに乗せていき、1枚乗せるたびに、ロッドが下方に沈むかどうかを観察し記録します。
Step.4
全てのおもりを載せるとクランプの重さと合計して100kgになりますが、その際ロッドの沈み込みがなく静止している場合には、ハンドルを回転させ、先端のスクリューポイントで土を掘進しながら強制的にロッドを貫入させ、ロッドを25cm貫入させるのにハンドルを何回転させたかを記録します。
Step.5
規定の深度までの貫入が記録できた時点で測定を終了し、ロッドを引抜きます。
Step.6
ロッドを引抜いた後の直径が3cmほどの測定孔を利用し、メジャーで地下水位を計測・記録します。
Step.7
こうして得た調査記録に基づき、試験結果の整理とデーター処理をおこない、地盤耐力・N値等を推測します。
このページのトップへ